旬の尾瀬情報 - 2018年8月14日(尾瀬ヶ原・尾瀬沼・夕立を警戒) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報 - 2018年8月14日(尾瀬ヶ原・尾瀬沼・夕立を警戒)

今日も夕立が心配された尾瀬ですが、結局はふもとでざ〜っと降っただけで、尾瀬には降らずでした。

ラッキ〜♪、だけどそれは結果論という感じで、雨雲の動きが少しそれれば雷雨、という一日でしたよ。

14:30の尾瀬上空の雲はこんな感じでした。

私はこれを見て、うわ〜、ヤバい!!

と思って山小屋に避難しました。

 

 

気になったのは、そういった雨雲がむくむくと成長していても、意に介さず歩き回っていたお客さまが多かったことでした。

慌てずに行動することは大切ですが、それよりも早めの行動を心がけましょうね。

 

 

尾瀬沼ではヤナギランが見ごろを迎えています。

個人的にはこの花が大好きなんですよね〜。

涼しさを感じる色合いと、種になって飛ぶ姿と、多彩な才能を感じさせる植物です。

 

 

さぁ、一方でこちらは池塘調査班からの写真です。

今日から再入山した池塘調査チーム。

まずは雨に降られずで良かったですね〜。

 

調査チームがビックリしたことが二つありました。

ひとつはこの池塘の深さ。

大した事のないような小さな池塘ですが、その深さを測ってみるとなんと3.4m!!

湿原に開いた魔女の瞳のように感じた一瞬でした。

 

 

もう一つはこちら。

ヒツジグサの葉の上になにか小さなゴミのようなものが・・・

と思いながらマクロ撮影してみると・・・

なんと無数のアブラムシたちでした。

この時期になるとヒツジグサの葉が食べられた穴がたくさんあきますが、コイツらの仕業なのかもしれませんね。

 

 

ということで今日から再入山した池塘チームからの不思議レポートもお楽しみに!!

(安類)

 

pagetop