旬の尾瀬情報 - 2018年8月21日(尾瀬ヶ原・蒼い朝) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報 - 2018年8月21日(尾瀬ヶ原・蒼い朝)

2018年のやまもり池塘調査も残り3日間となりました。

ず〜っと尾瀬に泊まり込みでいると、朝の風景は一日として同じものがないんだな〜という、当たり前のことを改めて感じます。

たとえ朝焼けしていなくても、雨が降っていても、これはこれで尾瀬の風景なんだよね〜と受け止めている自分がいます。

ということで、今朝の朝焼けはありませんでしたが、うろこ雲が全天に広がって秋空を見せてくれました。

ハデに焼けなくても、蒼い尾瀬の朝も大好きです♪

 

 

竜宮尻付近を歩いていると、アケボノソウが咲いていました。

美しいお花だな〜といつも感じるのですが、

その名前を聞くと、どことなく昔の漫画家が下宿していたアパート名のような気がしてちょっと可笑しくなります(あくまでも個人的意見)。

 

もちろん真面目に池塘調査もやってますよ〜。

20年前に行われた調査では記載されていなかった池塘を発見。

湿原にはこんな小さな穴があいていて、実は深さが2メートル以上なんていう所もあるんですね〜。

湿原あるきをしていて、一番怖い存在かもしれません。

 

この写真は有名な竜宮の入口の写真。

前々からこの木道の丁字型が気になっていました。が、その理由がなんとなく分かりましたよ。

みなさんはこの木道のつなぎ目がなんでズレているのか、気になったことはありませんかね〜。

 

 

2018年やまもり池塘調査チームも残り3日間となりました。

いろいろな発見が日々ありますが、少しずつこちらでも紹介していけたらと思います。

また暑さが戻ってきましたね。

残暑の厳しい夏になりそうな予感です。どうぞお体気を付けて〜!!

(安類)

 

※写真のいくつかは第四次尾瀬総合学術調査の一環で撮影されたものです。

pagetop