旬の尾瀬情報−2018年8月29日(雨上がりの尾瀬ヶ原) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報−2018年8月29日(雨上がりの尾瀬ヶ原)

昨日、8月30日のおはなし。

 

天気予報どおり、山ノ鼻に着く頃から雨が降って、

1.5時間くらい足止めをされてから尾瀬ヶ原に出かけました。

 

実はガイドにとっても久しぶりの尾瀬ヶ原。

夏は別の場所で活躍していたガイドが久しぶりに集った日でもありました。

 

木道にはコエゾセミのお亡くなり。

8月とはいえ、尾瀬の短い夏が終わったことを感じさせます。

 

お昼を食べてやる気満々な中学生は、たくさんのイモリやカエルを見つけていました。

休憩ベンチでは近くの葉を裏返しては生きものを探す姿が印象的でした。

 

あまり周りの風景には興味が湧かなかったようですが、

燧ヶ岳や至仏山が見えてくると一気にテンションMAX。

あそこまで歩きたい!と言ってくれて嬉しいかったけど、今回は時間切れとなりました。

 

ちなみに至仏山の山肌を見ると、大雨の時だけ出現する「幻の滝」がハッキリと見えました。

あの滝が見えると尾瀬ヶ原が増水して大変な事になる、と昔から先輩に教わっていましたが、

早めに止んでくれたおかげでそれほど影響が出ないでホッとひと安心でした。

 

光が差すとヤマドリゼンマイの黄葉が笹の葉の中に美しく浮かび上がります。

これからの色の変化も楽しみですね。

 

みなさんのお住いのところより、

一足も二足もはやい秋の訪れだと思います。

湿原が輝いていく変化をこれからもお届けしていきますね!

(伊澤)

 

 

 

 

 

 

 

pagetop