旬の尾瀬情報ー2018年9月14日(秋色に染まる尾瀬ヶ原) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報ー2018年9月14日(秋色に染まる尾瀬ヶ原)

9月14日。

昨晩からワーッと降ってきた雨。

心配された今日の尾瀬ですが、早い時間で雨があがりました。

午後からは気温も上がって快適なトレッキング日和。

 

一緒に歩いた元気な男子生徒達は、どこまでも続く木道と湿原の広さを眺め、

そして、湿原を渡って肌に感じる風の気持ち良さを話していました

 

こんな日をゲットできたみなさんは、本当にラッキーですね♪

雨あがりの尾瀬って本当にイイ気持ちなのです!!

 

こちらも上田代の池塘群周辺。
定番の景色ですが、尾瀬らしくほっとします。

 

山ノ鼻では食事する生徒達でごった返していましたが、研究見本園はガーラガラ。
散歩している人がふたりと、私達グループだけ。
数十メートル離れているだけで世界が違います。研究見本園あなどれませんね♪

 

草紅葉だけでなく、赤い実のついた樹木を見ると秋がやって来ている事を感じます。

ここにきてナナカマドの赤い実もずいぶんと目立ってきましたよ。

 

そして、先日の風雨で折れてしまったブナの枝を見ると、

ちょっと珍しいヤシャビシャクの実を見つけることができました。

ケバケバしている実ですが、実はキウイフルーツのような味わいで素朴な甘さを楽しむことができます。

ん?

もちろん尾瀬では味わうどころか、採取することは禁止されてますよ〜(笑)

 

他にも和風ヘーゼルナッツと例えられる、ツノハシバミの実も木道沿いであちこちで見つけることができます。

 

写真の左側にはオオウバユリの実。

種のできたオオウバユリの写真を撮るお客様。

思わず写真におさめたくなる大きさと迫力なのです。

 

(伊澤)

 

pagetop