旬の尾瀬情報ー2018年9月16日(尾瀬ヶ原) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報ー2018年9月16日(尾瀬ヶ原)

9月16日、昨日の尾瀬ヶ原。

カッパを着たり脱いだり、空の様子が度々変わりましたが、

その都度見えてくる尾瀬の風景の変化に、

お客様と一緒に魅せられた一日でした。

 

雨粒を滴らせた赤い実が目に飛び込んできます。

ズミの実。「酸っぱい実」が名前の由来の一つと言われるように、酸っぱくて渋めのお味。

 

ナナカマド。実が真っ赤になってから、葉も色づきはじめます。

アブラガヤの色も馴染んできましたね。

ヒツジグサの葉色も日に日に色数が増えていきます。

下の大堀川周辺の草紅葉は現在こんな感じです♪

マルハナバチの仲間は花粉集めに飛び回ります。

秋になり花も少なくなった今、

ミヤマアキノキリンソウとエゾリンドウが大人気です。

 

2018年、新しい木道発見!

牛首分岐〜ヨッピ吊り橋周辺で見ることができます。

まだ木の香りが漂います。木道整備、ありがとうございました!

 

立ち枯れの木にキツツキの巣穴とキノコ。

足元にもキノコ。

 

オオシラビソのマツボックリもしっかり実っていました。

地上に落ちるときはバラバラになってしまうので、

この姿を見れるのは樹上にあるときだけですね。

(伊澤)

pagetop