旬の尾瀬情報 - 2019年5月14日(鳩待峠〜尾瀬ヶ原(見晴)) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報 - 2019年5月14日(鳩待峠〜尾瀬ヶ原(見晴))

午後からのお天気が心配でしたが、鳩待峠から見晴を往復してきました。

今シーズンは残雪多め。

この時期の尾瀬はミズバショウシーズンには早いので、訪れる人も少なくてとっても静か。

ひとまず残雪のようすをまとめました。

 

鳩待峠〜山ノ鼻は9割がた残雪に覆われています。

道に迷う心配はありませんが、あちこちで残雪の踏み抜きがあって歩きづらいです〜。

 

上田代のようす。

実はここが一番歩きづらかった。

木道の上に残雪がかまぼこ状に載っていて、慎重に歩かないと盛大に踏み抜いてしまいます。

写真は今日現在のもので、日毎にどんどん変化していきますが、1週間くらいは歩きづらい状況になりそうです。

 

これも上田代。場所によっては木道が出ていて安全に通行できます。

 

牛首分岐。

いや〜、まだまだ雪がありますが、この場所も3日間ほどすればすっかり雪が無くなると思います。

 

下ノ大堀川周辺。

 

見晴ちかく。

この辺もまだまだ残雪ありますね〜。

 

おまけ・下ノ大堀川のミズバショウ群生地。

今日現在で2分咲き。

この場所のミズバショウの見ごろは10日後くらいかな〜。

 

と、行きは暖かな曇りの日で楽しい尾瀬ヶ原ハイキングでしたが、帰りには雨・雨・雨・・・。

指先が凍えて体が冷え切るころに鳩待峠に戻りました。

(安類)

pagetop