旬の尾瀬情報 - 2019年5月20日(鳩待峠〜尾瀬ヶ原) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報 - 2019年5月20日(鳩待峠〜尾瀬ヶ原)

日々、雪解けが加速する尾瀬。

尾瀬ヶ原は例年よりも若干少なく、尾瀬沼は例年よりも多く雪が残っています。

今回は鳩待峠から尾瀬ヶ原の入口まで歩いてきましたので、短めにようすをお伝えしますね。

 

鳩待峠から入山すると、すぐに残雪が残りますが、ガイドたちの除雪ボランティア活動で歩きやすくなりました。

だけど雪解け水で濡れた木道はかなり滑りやすいです。

通行は十分に注意して行きましょうね。

 

で、テンマ沢湿原のミズバショウはこんな感じ〜。

 

咲きたてのミズバショウは美しいですね〜。

どれも似ているようで、少しずつ表情が違う。

お気に入りのミズバショウを探して写真に撮ってみました♡

 

平坦区間に入ってからは残雪が多くなりますが、フラットな道のりなのでそれでほ心配ないかと思います。

歩くのが不安な方はチェーンスパイク、ストックなどがあると良いですね。

 

で、尾瀬ヶ原の上田代はこんな感じでした〜。

まだミズバショウはあまり咲いていませんが、この雰囲気の湿原も美しいです!!

 

尾瀬ヶ原は日当たりが良いので、ほぼ全域で木道が出ています。

湿原歩きは快適だけど、鳩待峠への帰りも雪道なので体力と時間に余裕をもって楽しみましょうね〜。

(安類)

pagetop