旬の尾瀬情報 - 2019年5月27日【尾瀬ヶ原】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報 - 2019年5月27日【尾瀬ヶ原】

今日も高温な尾瀬ヶ原でした。

一気にお花の開花が進むかも? と昨日の旬の尾瀬情報でお届けしましたが、やっぱり今日のツアー写真は花を収めたものが多かったです。

 

でも、まずは定番のこの場所から!!

はい、下ノ大堀川のミズバショウ群生地ですが、まだまだ楽しめますね〜。

ほんの少し白い苞に混じって、葉のグリーンが目立つようになってきたのを感じます。

 

尾瀬ヶ原のもう一つのミズバショウ群生地といえば、研究見本園!!

いや、もちろん他にもたくさんお見せしたい群生地はあるのですが、この場所も外せません。

で、こちらは山ぎわという事もあって、見ごろはもう少し先になりそう。

たぶん見ごろスタートは6月1日から(あくまでも独断(笑))。

 

登山道のわきではいろいろなスミレが見られるようになってきました。

写真の黄色のスミレは多雪地帯に咲くオオバキスミレ。

個人的にはこのスミレが好きなんですよね〜。いかにも春がやってきた感じがします。

この他にも、ミヤマスミレ、スミレサイシン、アオイスミレなんかが発見できるかもしれませんね。

 

こちらのピンクの花はイワナシ。

小さいけど目立つ色なので、歩いていて気になる方がいると思います。

お花だけでなく、特徴的なのが葉の形や光沢感。

慣れてくると花よりも葉で見つける事ができますよ。

 

いや〜、不謹慎だとは思いますが、これだけ暑いとあの池に潜りたくなっちゃうのは私だけじゃないはず。

風とおりの良い長袖、サングラスなんかを用意して歩くと少しは涼しいかな。

 

そうそう、湿原の向こう側に聳える燧ヶ岳の山すその新緑が始まりましたね。

尾瀬ヶ原をぐるりと取り囲む新緑ですが、木の種類によって生えている高さが違うので、横のベルト状に日々色合いが変わっていくのが見ていて面白かったりします。

 

お天気予報では、高温の日々は明日の午後でひと段落するそうです。

そこからは平年並みの気温に落ち着くんだとか。

えぇ、どちらも「ほどほど」にしてくださ〜い! と至仏山に願う安類でした♪

 

pagetop