旬の尾瀬情報 - 2019年6月2日【尾瀬ヶ原・尾瀬沼】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報 - 2019年6月2日【尾瀬ヶ原・尾瀬沼】

お〜、花の種類が多くなってきたな〜と思っていたら、いっきに種類数が増えてきました!!

ということで今回は木になる樹木のお花を写真に撮ってみました。

お花の名前はともかく、どれも個性的で美しい造形ですよね〜♪

 

 

今日も大賑わいの尾瀬でした。

やっぱり日曜日ですね。

こんな時はやっぱり研究見本園!!

大混雑している尾瀬ヶ原をよそ眼に、こんな貸切写真を愉しむことができます。

 

研究見本園から尾瀬ヶ原方面を見てみると・・・

ミズバショウがたくさん咲いてる!!

のも感動的ですが、木道を歩く人の姿が・・・やっぱり見本園が好きですね〜。

 

新緑のこの時期は、種類よって新緑のタイミングが違っています。

奥のブナは青々としているのに、手前のダケカンバはまだまだ芽吹きの段階。

そして写真手前のダケカンバのなかに、1本だけ新緑している木があるのが分かるでしょうか?

実はこの木だけ、シラカンバ(シラカバ)なんですよ〜。

こんなところにも自然の不思議が隠されています。

 

そうそう、ラストの写真はこれ。

この季節の尾瀬あるきをしていると、湿原のあちこちからカエルの合唱が聞こえてきます。

でも、どこを探しても姿は見当たりません。

日中は草の影に隠れているんですが、今日はその姿を見つけることができました。

(次の写真は嫌いな人は見ないでくださいね)

 

うぉ!?

大物が湿原を闊歩している姿を見つけることができました。

彼らも1年に1度のカップル成立のタイミングなんですね〜。

(安類)

pagetop