旬の尾瀬情報–2019年6月4日【尾瀬沼〜尾瀬ヶ原】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報–2019年6月4日【尾瀬沼〜尾瀬ヶ原】

今日も尾瀬からこんにちわ

 

やまもりガイドから旬の尾瀬をお伝えする写真がたくさん届きました。

 

個人的には綺麗な景色が好きですが、今回はちょっと珍しい写真を。。

 

何が珍しいか分かりますか?左の小さい水芭蕉が座禅草みたで可愛い。とか?

いえいえ違います。正面のミズバショウ良く見ると白い仏炎苞(花びらでなく葉が変化したもの)が二枚あるんです。

これは、オチクラミズバショウ(落倉水芭蕉)といいます。ミズバショウの一品種として登録されています

落倉自然園で見つかったことからこの名前がついたようですが、最初は突然変異でできたものがそのまま遺伝子固定されたもののようなので、毎年この株からはオチクラミズバショウとして咲くそうなので、場所を知っていれば毎年見られますねぇ〜

 

で、どこにある?研究見本園です。。数千のミズバショウが咲いてますが、下の写真から探して見ましょう。。笑

 

 

そんな中、クロサンショウウオが。。

 

いつもなら、この写真がトップに来そうな一枚

これは尾瀬沼ですが、朝は風が少なく鏡面に反射することが多いですよね。尾瀬ヶ原の逆さ燧撮影ポイントも朝は綺麗に見えることが多いです。天気の良い早朝の尾瀬は最高ですよ!

 

で、燧ヶ岳をもう一枚。

 

今度は至仏山ですが、これはもう、狙って撮ってますね。。

 

この時期は、やっぱりミズバショウってことで。。

小ぶりで可愛いミズバショウもまだまだ見られます。

 

少しずつ色々な花が尾瀬で見られるようになりました。これはミヤマエンレイソウ(深山延齢草)です。

延齢草は薬草として用いられることもあり、元々は延齢草根、といって胃腸薬に用いられていたようです。胃腸薬ですが、それが延命に繋がるというというところでしょうか。。

pagetop