旬の尾瀬情報−2019年6月5日【尾瀬沼〜尾瀬ヶ原】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報−2019年6月5日【尾瀬沼〜尾瀬ヶ原】

こんにちわ。

 

天気予報では雨も出ていましたが、尾瀬ヶ原では概ね天気良く比較的空いた1日となっていました。

 

ミズバショウのピークは落ち着き、花は次の主役へとバトンタッチが始まろうとしている雰囲気を感じさせています。

 

花の写真が届くにつれ、あっ!咲いたんだ!と尾瀬の変化を外から感じているMIYAから、旬の尾瀬情報をお伝えします。

 

まずは、シラネアオイ!

 

日光白根山に多いことからその名前がついた大きくて目を奪われる綺麗な花です。

写真は尾瀬沼の長蔵小屋裏です。尾瀬ヶ原では見られませんが、鳩待峠〜山の鼻間で見られます(電気柵で保護されています)

鹿が美味しそうに食べてくれるので困ってるんですよね。。

 

同じく尾瀬沼周辺からムラサキヤシオです。

この写真は、尾瀬沼へ続く一ノ瀬休憩所〜三平峠のものですが、鳩待峠へ続く車道脇でもたくさん咲いていますね。

染料で染めたような鮮やかな色で、八回も染めた。。。から八染、八入(ヤシオ)とも書きます。一般的に八汐と記されることが多いようです。

それよりも、躑躅(ツツジ)の漢字の難しさに引きます。。

 

続いて桜。。そう尾瀬では6月に桜の花見ができます。

ミネザクラですね。

 

で、見晴近くで発見したミズバショウ。

昨日は、白い苞が2枚オチクラミズバショウを紹介しましたが、この個体は苞が3枚ありました!新種か?

 

昨日も紹介したミヤマエンレイソウ

葉が大きいくて自己主張がすごいです。

 

こちらは、ショウジョウバカマ

猩猩袴と書きますが、能の演目の猩猩が真っ赤な装束を来ていたことから、赤色を指す言葉の一つとして使われるようです。

ちなみにオランウータンも猩猩と書くそうです。。笑

 

これは。。。?

ハウチワカエデ?と一緒にコメントがありました。。ハウチワカエデかなぁ〜と思います。

 

で、ミズバショウもまだまだ見頃です

 

こんな写真も届きました。見晴かな?

この写真をトップにしようかと悩みましたが、今回はシラネアオイに軍配が上がりました。

 

毎日のように睡魔に戦いを挑みますが、連日連敗で翌日となってしまうMIYAからの投稿でした。

pagetop