旬の尾瀬情報 - 2018年4月29日(至仏山) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報 - 2018年4月29日(至仏山)

4月29日至仏山に登ってきました。

コースは前回(4月23日)と同じく

鳩待峠ー山ノ鼻ー東面登山道ー山頂ー鳩待峠

の一周コースです。

 

今日は3連休の中日

団体など多くの方が東面登山道を登っていきました。

 

高天ヶ原からの燧ケ岳と尾瀬ヶ原

今日は雲一つない天気

 

少し霞んでいましたが遠くは飯豊山が見えました。

 

山頂は大混雑

ただ、昨年と違うのは滑る格好の人がほとんどいない。

残雪量で登山者の雰囲気が大きくかわりますね。

 

至仏山と小至仏山の間から小至仏山方面。

ルートについて注意事項を2点(ちょっと細かいですよ)

“径堝修らの至仏山山頂直前のルート

 1)偽ピークに登って夏道で山頂

 2)偽ピークに登らずかなり下がって迂回して山頂

がありますが注意点を。

 1)夏道コースは山頂直前のちょっとの登りで雪が残っています。

  登りや良いが下りが危険。この雪が無くなれば良いのですが…。

 2)迂回ルートはハイマツやオオシラビソの間を抜けるコースですが

  かなり下がるので歩く距離が長くなります。また踏み抜きが心配。

  木々がだいぶ踏まれているので木が可哀想…。

 滑る道具を持っている方は偽ピークに置いておくか、迂回ルートを選択してくください。

鳩待峠から小至仏山へ向かるルート

 1)夏道

 2)迂回コース

がありますが注意点を。

 1)歩きの方はこのコースが良いです。

 2)滑る道具を持っている方はこのルートを選択してく下さい。

 

下山時の至仏山と小至仏山

本当に素晴らしい山です

 

この後の雪の状況では色々な注意が必要かと。

滑る方は基本的に植物への影響が大きいと思いますので各箇所の迂回ルートを選びましょう。

歩きの方は夏道を上手く使って植物への影響を避けて歩きましょう。

 

至仏山は素晴らし山です。

皆で守って後世に残していきたいですね。

 

小林でした〜。

 

 

pagetop