旬の尾瀬情報 ‐ 2019年7月18日【尾瀬沼、至仏山、裏燧林道】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報 ‐ 2019年7月18日【尾瀬沼、至仏山、裏燧林道】

今日の尾瀬ですが、雨にも負けず、風にも負けず、今日もやまもりガイドたちは尾瀬のあちこちを歩いていました。

ガイドたちも日々スピードアップしていく、尾瀬のお花リレーに追い付こうと必死なんですよ〜。

 

まずはコレから! そう尾瀬沼の大江湿原のニッコウキスゲ。

いいですね〜、いいですね〜〜!!!

今シーズンの大江湿原のニッコウキスゲ、最高に良いですよ〜!!!!

ちなみにガイドの予想だと最盛期は7/23だそうです(笑)

 

こちらも美しいですね〜。

1泊2日で見晴の宿泊ツアーのガイドから。

なになに、朝焼けに浮かぶ満月はめずらしい・・・ん〜〜〜〜珍しいよ!!

こんなシーンに出会えちゃうのが山小屋泊の魅力ですね。

 

もちろんお花リレーも最高潮。

左上から時計まわりに、

・コバイケイソウ:尾瀬沼湖畔では見ごろを迎えています。つぼみも多くてもう少しの期間楽しめそう。

・カキラン:見晴付近で1株だけ発見。これから増えてくるので楽しみ!!

・ハクサンシャクナゲ:白砂峠〜沼尻で満開になっています。

・コタヌキモ:これが食虫植物?と思わせるような美しい花です。

・コアニチドリ:今シーズンはいつもと違う場所にも咲いていたんだとか。いつきても新しい発見がありますね。

 

さらに次は至仏山に登ったガイド・・・あれ?

今日はお休みなんじゃなかったっけ〜。

だけどお花が見たくて至仏山に行ってしまったらしいです。

という事で至仏山のお花たち。

 

左上から時計まわりに、クモイイカリソウ、イブキジャコウソウ、ホソバツメクサ、マルバシモツケ、ムラサキタカネアオヤギソウ、ジョウシュウアズマギク。

どれもメジャーな高山植物ではないかもしれないけど、至仏山のいまを彩る美しい姿ですよね〜。

 

ちなみにこのワタスゲ群生地は??

実は裏燧林道の御池近くにある「姫田代」なんです。

ニッコウキスゲのニュースが多くなってきましたが、まだこちらはワタスゲが見ごろなんですね。

御池から片道15分で行ける距離なので、御池で少し時間がある方は散歩してみてもいいかも〜。

 

みんな羨ましいぞ!!

私は明日も尾瀬ヶ原でじっくり&ゆったり歩くぞ〜(笑)

(安類)

 

 

pagetop