旬の尾瀬情報 ‐ 2019年7月21日【尾瀬沼・燧ヶ岳・至仏山・裏燧林道】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報 ‐ 2019年7月21日【尾瀬沼・燧ヶ岳・至仏山・裏燧林道】

さぁ、尾瀬沼の大江湿原のニッコウキスゲ。

最高潮に達しています!!

見ごろの期間は1週間くらいですかね〜。

もうね、これは説明するよりも写真をいっぱい見てください♪

 

最後の写真は三平峠付近から大江湿原を遠望したところ。

ちょっと遠いですが、湿原が黄色い絨毯のようになっている様子がわかるかと思います。

繰り返しになりますが、見ごろの期間は約1週間ですよ〜!!

 

 

そしてこちらは珍しいヒメザゼンソウ。

通常のザゼンソウは6月上旬に咲きますが、ヒメザゼンソウは7月中旬に咲きます。

その大きさは10円玉サイズ!!

大江湿原で発見しました〜♪

 

続いて燧ヶ岳情報。

この残雪歩きは御池から俎瑤謀个訶喘罎任垢諭繊

傾斜がそれほど無いので登山靴でも登れますが、雪をけり込めない運動靴だと通行は厳しそうですね。

ちなみに燧ヶ岳登山道で残雪が残るのはこのルートだけです。

 

残雪歩きは苦戦しますが、途中にはこんな絶景ポイントが!!

そう、尾瀬での一級品の風景が広がる熊沢田代です。

まさに神様の遊び場のような雰囲気ですね〜♪

 

そして苦労して登った燧ヶ岳にはキヌガサソウの大群落がお迎えしてくれています。

 

見事なまでに半透明になったサンカヨウ。

こんな出会いがあるのも登山の楽しみですよね。

 

そしてこちらは至仏山山頂!!

みんな嬉しそうですね。

それもそのはず。なんと午前中の至仏山からは富士山まで見えていたそうですよ〜。

えぇ〜〜〜!? ラッキーな事もありますね!!

 

そして最後の1枚はこちら。

そう裏燧林道の上田代からの風景です。

この場所ではワタスゲがまだ見ごろでした。

そして平ヶ岳や荒沢岳の眺めを見ながら、ベンチでのんびりするのが最高に気持ちいいんですよ〜。

尾瀬のあちこちで夏のニュースが聞こえてきてま〜す♪

(安類)

pagetop