旬の尾瀬情報 - 2019年7月27日【尾瀬ヶ原・男体山】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報 - 2019年7月27日【尾瀬ヶ原・男体山】

今日の尾瀬は台風接近の情報にビクビクしながらも、午前中は快晴!!

午後も少し雨が降っただけで穏やかな夕暮れ時を迎えることができました。

それにしても夏空が近くなってきましたね!!

あの暑い夏がこんなにも待ち遠しいシーズンも珍しいです。

 

 

今日も池溏調査チームは尾瀬ヶ原で水質調査を行っています。

尾瀬ヶ原に1860個所もあると言われる池溏。

1個所ずつの水質調査を行っていますが、現地を歩いていると疑問がたくさん湧いてきます。

たとえばこの写真。

ヒツジグサというスイレンの葉がいっぱい浮いているのが分かるかと思いますが、どれも池の縁にヒツジグサが無いのが分かりますか?

これだけ見ても、なんで〜〜??

と思わずにはいられません。こんな解明されていない事がたくさんあるのが尾瀬の面白い所ですね。

 

池溏調査をしていると、いろいろな水生植物を身近に感じることができます。

たとえばこの植物。

ホソバタマミクリといいますが、いよいよお花が咲いているのを見つけることができました。

面白いのが、上部が雄花、下部が雌花と子房と、役割が違っているのが不思議な植物です。

 

水生昆虫の発見も多くなります。

こちらは木道からもたまに見つけられるゲンゴロウ。

後ろ足のダイナミックな漕ぎ方で池溏をスイスイと泳いでいます。

 

こちらはコオイムシ?なのかな。

ミズバショウシーズン中はあちこちで子どもを背負っているのが見つけられましたが、この季節になると子どもたちも一丁前に池溏を泳ぐ姿が見られます。

 

・・・すみません、昆虫ばかりで気持ちの悪い写真ばかりだったので、最後は爽やかな1枚を。

こちらは尾瀬のお隣、日光の男体山のツアー中のひとコマ。

今日は嵐の前の静けさか、午前中はよく晴れていました。

こんな瞬間をゲットできるなんて本当にラッキーですね!!

明日も頑張って尾瀬を歩き回ろう!! と感じた安類でした〜。

 

pagetop