旬の尾瀬情報 - 2019年7月28日【尾瀬ヶ原】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報 - 2019年7月28日【尾瀬ヶ原】

予報どおり今日の尾瀬は熱帯低気圧の影響で、朝方雨、だけどお昼頃からだんだんと回復してきました。

夕方の現在はまた曇っちゃいましたけどね〜。

それでも一瞬、一瞬の日差しが見せる尾瀬らしい姿に癒されること多数。

羽が乾いて一斉に飛び立つトンボたちの様子はまさに楽園のひとことに尽きました。

 

 

そろそろ大江湿原のニッコウキスゲの見ごろ後半になってきました。

今年は写真のオゼコウホネがあまり咲いてないな〜と感じていましたが、やっとあちこちで目立ってきました。

池溏の中でこのオゼコウホネやヒツジグサが咲き始めると、や〜夏が来たな〜と感じます。

 

竜宮小屋の裏側ではひっそりとタマガワホトトギスが咲きました。

アップで撮影すると花の作りの繊細さにびっくり。

花弁の斑紋が野鳥のホトトギスに似ているそうでこの名前が付いたそうですよ〜。

 

大物役者のニッコウキスゲの存在で、ひっそりと影をひそめていますが、尾瀬のお花リレーは着実に続いています。

そろそろそちらのお花にもスポットライトを当てていきたいと思います。

 

こんな日ですが、なんと至仏山登山ツアーも開催されていました!!

みんな元気ですね〜。

ちなみに小至仏山から上の稜線は横殴りの雨だったんだそうです。

そして山頂には誰もいなかったらしいですよ〜。みなさんナイスファイト!!

 

 

そうそう、夕暮れ時はほんの少しですが夕焼けもありましたよ〜♪

明日からはまとまった陽ざしがありそうです。

みなさん、日焼け対策はバッチリですか!?(笑)

 

そうそう、ニッコウキスゲも夏の日差しを待ちわびています。

今日いちにちの陽ざしを惜しむかのように、ニッコウキスゲが落ちてゆく日を見つめていました。

 

(安類)

 

pagetop