旬の尾瀬情報 - 2019年8月17日【尾瀬ヶ原】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報 - 2019年8月17日【尾瀬ヶ原】

久しぶりの青空が戻って来た17日。

目立った台風の影響もなく、絶好のトレッキング日和となりました。

まだまだ陽ざしや気温は夏。

涼しい服装と適度な休憩が必要ですね〜。

 

 

池溏ではヒツジグサのお花がたくさん咲いています。

ヒツジグサは開花期が長いので、まだまだ楽しめそうです。

そうそう、このヒツジグサの名前の由来って知ってますか?

時間の数え方で「羊の刻(12〜14時)」に開花する事に由来しています。

 

実際に昨日は12時と13時で同じ場所を撮影してみました。

左が12時、右が13時ですが、たしかに1時間の間でお花が開いているのが分かります。

こんな感じで午後にお花が開くので、寝坊するお花という意味で「睡蓮」という名前が付けられています(笑)

いやいや、これはヒツジグサの戦略なんですけどね。

 

イトトンボもまだ見られます。

尾瀬では最後に姿をあらわすアオイトトンボ。

このトンボを見ると夏から秋へと季節が移り変わる雰囲気が漂います。

(安類)

 

pagetop