旬の尾瀬情報‐2019年10月7日【尾瀬ヶ原】 | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報‐2019年10月7日【尾瀬ヶ原】

今日は中学生の尾瀬学校でした。

 

木道には設置年が焼印されているのをご存知でしたか?

木道はおおよそ10年くらい経つと痛んでくるものがあり、痛んだ木道は危険なため交換作業が行われます。

 

そして下ノ大堀川近辺の木道では。。。

ついにこの文字が。。

「R1」。ヨーグルトじゃないですよ。Reiwa(令和)の焼印が。。

なんか時代の変化を感じますね。環は環境省の環ですね。

群馬県側木道はTEPCO(東京電力)のロゴが入っているものをよく見かけますが、実は木道の場所によって管理者が違うんですよね。

環境庁、群馬県、東京電力が決められた場所の木道(歩道)の管理をしています。

そんなことも気にしながら歩いてみるのも良いですね。。

 

草紅葉は見頃を過ぎていますが、雨上がりの晴れ間が湿原に差し込むと、鮮やかな色合いを見せてくれました。

湿原がオレンジから赤茶に変わってくると、なんとなく終わりが近づいて寂しい感じになります。。

でも、樹々の紅葉はこれからこれから。。。

 

まだまだ尾瀬は楽しめますよ〜(MIYA)

 

pagetop