旬の尾瀬情報―2018年5月14日(尾瀬ヶ原・尾瀬沼) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報―2018年5月14日(尾瀬ヶ原・尾瀬沼)

5月14日、尾瀬ヶ原&尾瀬沼情報です(記:伊澤)

【コース:鳩待峠〜尾瀬ヶ原〜白砂峠〜沼尻〜尾瀬沼VC〜三平峠〜大清水】

 

(コース)

●鳩待峠〜山の鼻は、ほんの一部のみに残雪あり。

●見晴〜沼尻間は、段小屋坂周辺から白砂湿原まで残雪あり。踏み抜き、滑らないよう、道迷いに注意。

●三平下〜十二曲り手前までは残雪あり。踏み抜き、滑らないように注意。

 

(草花)

●テンマ沢や尾瀬ヶ原のミズバショウは見頃に近づいている。

●湿原の花はミズバショウ、リュウキンカ、ショウジョウバカマ、ワタスゲ、ヤチヤナギ蕾。

●林内はミネザクラ、カエデ類の花、オオカメノキ蕾、木々の展葉がすすむ。

 

 

下記、写真とコメントです。

 

テンマ沢

 

上田代

 

下ノ大堀川

 

ミネザクラ。尾瀬では今からお花見です♪

 

イヨドマリ沢

 

段小屋坂周辺から雪道歩きが続きます

 

白砂湿原

 

沼尻(トイレは6月上旬から予定だそうです)

 

大江湿原

 

尾瀬沼と燧ケ岳

 

三平下

 

三平峠

 

もうすぐ石清水。足元の水たまりには今年もオタマジャクシがたくさんいました。

 

木々の葉も開いてきました。こちらはトチノキ。

 

大清水から戸倉へもどる道。

カラマツ林の新緑がとても綺麗でした。

 

雨に降られ、でも雨が上がっていく光景を見ながらの今日の尾瀬でした。

新緑の様子がとても美しく、一緒に歩いた仲間と終始見惚れ、感嘆の声をあげながら前へ進みました。

 

伊澤

pagetop