なえばの動植物調査を行いました | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

なえばの動植物調査を行いました

すみきった青空!

連日いいお天気の日が続いています。
最近内勤続きでストレスフルだった安類です。
そんな私の気持ちを察してか、夏・冬とお世話になっている苗場プリンスホテルさんからのご依頼で、ドラゴンドラ周辺の環境調査を行いました。
そうそう、ドラゴンドラを知らない方もいるかもしれませんので簡単に説明すると、全長5.5km、ゴンドラ乗車時間25分間でふたつのスキー場を結んでいる日本最長のゴンドラです。私もスキーシーズンには乗車したことがありましたが、グリーンシーズンは初体験。ということでドキドキの乗車体験・・・いやお仕事になりました。

 

 

たしろ高原側で野鳥&植物調査です。

空を見上げるとハロが出ていました。天気が崩れる予兆と言われていますが、個人的にはそんな風には感じません。
なにしろ私が言うんだから間違いないでしょう(笑)

 

今シーズンのような少雪で雪解けの早い年は、先入観かもしれませんが白い花が当たり年になるような気がしています。

ということでこのタムシバが今年は花数が多いですね〜。

 

ちなみにトチもわんさか花が付いています。ちょっと気持ち悪いくらいですね。

 

ちょっとした水たまりにはカエルやサンショウウオの卵塊がいっぱい。

これはクロサンショウウオの卵塊。
尾瀬でもちょくちょく見かけますが、これほどふさふさなのはスゴイです。

 

遠くに目を向けると、ドドーンっと苗場山が姿を見せてくれました。

昨年はこの山にもたくさん登ったな〜。

 

あっという間に時間が過ぎてしまい、ドラゴンドラでふたたび苗場スキー場方面へ。

この場所は手付かずなところが多くて、けっこう遊べるエリアが多く残されていますね〜。これからが楽しみな場所になりました。

pagetop