旬の尾瀬情報ー2018年6月3日(尾瀬ヶ原) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報ー2018年6月3日(尾瀬ヶ原)

6月3日、尾瀬ヶ原に白い虹が出た朝でした。

 

「午前69分撮影。

朝食後に再び、尾瀬ヶ原を仰ぐと、白い虹の予感。ほんの10秒くらいの出来事でした。」

見晴宿泊のガイドから届いた文章と朝の写真です。

尾瀬の中に宿泊された方々への素敵なプレゼントですね。

まだ見たことがない私は、いつも人から話を聞いてうらやましがる役ばかりです。今年こそは!

 

さて、今日の尾瀬も賑わいました!鳩待峠。

湿原の木道も混雑。

ガイドも大好きなお弁当の時間。今日は尾瀬名物の舞茸弁当でした♪

今日も美味しかったです♪ごちそうさま!

 

ミズバショウの見ごろは後半となりましたが、リュウキンカと一緒に撮るとなかなか。

いまミズバショウが一番きれいなのは研究見本園。

遠目から見ると地面が真っ白に見えます。

研究見本園ではチングルマも咲き始めました。

尾瀬では数が少ないミドリニリンソウ。ニリンソウの品種ですね。

林床ではタチカメバソウが咲き始めました。

私も好きな花。「私も!」と、そう声を挙げる方が多い花だと思います。

 

鳩待峠〜山鼻間木道の脇にはオオサクラソウが一輪咲き始めました。

今年は当たり年ですね。期待できるコバイケイソウ。
それにしても時期が早すぎる。

 

最後に、池塘に映った今日の空。

賑わいの中、この景色を見るとホッとします。

 

(伊澤)

pagetop