旬の尾瀬情報−2018年6月12日(尾瀬ヶ原) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報−2018年6月12日(尾瀬ヶ原)

どの写真を一番にしようかいつも悩むMIYAです。

 

旬の尾瀬情報ですけど、たぶんこれも旬の尾瀬かな?と思い、今回の一番写真はこれを選びました。

 

「 子どもたちはキラキラした目で川や池塘をのぞき込み、たくさんの生きものを見つけていました」

今週から、尾瀬学校が始まりました。

群馬県の小中学校では自然体験学習の一環として尾瀬を知る活動が行われています。

授業の一環なので平日となります。尾瀬に来た方は、学生が多いなぁ〜と思われると思います。

これも旬の尾瀬の風物詩みたいなものか。。

 

雨の直後ですからねぇ〜。木道の上にいると踏まれちゃうよ!

 

「 尾瀬ヶ原ではトンボたちの姿を見かけるようになってきました。いよいよ夏到来ですね〜 」

微妙なバランスですね。。

 

別のガイドからもう一枚届きました。

「トンボが一斉に動き出しました。エゾイトトンボの連結」

青い方が雄で、もう一方が雌です。なんとなく窮屈そうです。

 

「ミズバショウの葉っぱの上でトンボが羽化中〜」

何見てんのよぉ〜って感じですね。

 

で、羽化後の写真が別のガイドから。。

「ミズバショウの葉に囲まれて羽化直後のトンボ。翅が開くまで、あと少し近くに脱皮したヤゴの殻も(研究見本園にて)」

脱皮終了!ミズバショウの葉は羽化に良いかなぁ〜

 

風景写真も届きました。

午前中は晴れ間も出ていましたが、山頂は見えませんでしたねぇ〜

 

「雷の後」

実は午後には一時雷雨となりました。みなさん無事に帰れたでしょうか?

 

花の写真も忘れちゃいけない。。

「咲き乱れる」

ゴゼンタチバナですね。雨粒が瑞々しさを出してますねぇ〜

 

「森のミニおばけ」

ギンリョウソウが出始めましたね。僕の中では一、二を争うくらい好きな植物です。

 

「湿原に紫」

え〜と、ハクサンチドリですね。なんか閉じてると違う花に見えなくもない。。もっとシャキッとしてください!

 

今日は、珍しく僕自身が尾瀬の中に入りこの目でいろいろなものを見てきました。

逆に行違うガイド仲間が何で尾瀬にいるの?って目で僕の事を見るんですけど。。(笑)

 

ついでですが、僕が撮ったものを少し。。

「一輪だけのニッコウキスゲ」

逆さ燧の撮影ポイント手前あります。木道脇なので目に付くはずです。

 

「イワカガミ」

僕が見つけたのは、下ノ大堀水芭蕉群生地の次の池塘の木道の合流点にありました

 

(MIYA)

pagetop