旬の尾瀬情報ー2018年6月13日(尾瀬ヶ原) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報ー2018年6月13日(尾瀬ヶ原)

6月13日。

夏告鳥と呼ばれるように、ホトトギスの鳴き声は夏の到来を告げるもの。

1カ月前は尾瀬に春が来たなぁと感じていたのに、

すっかり初夏の装いに変化しています。尾瀬の暦の進みは早いですね。

 

新緑の湿原とワタスゲとレンゲツツジ、

これが尾瀬の初夏の色合い。

好きなんだな〜この感じ。

 

湿原に小さな青色のお星様。お馴染みのタテヤマリンドウ。

でも、よーく探すと、きっと出合うことができます。

こんな白花に。

「幸せの白いタテヤマリンドウ」

見つけるとちょっと嬉しい。

同じ種類でも青色っぽかったり、ピンク色だったり、観察がますます楽しくなります♪

「ワタスゲの綿、フワフワ気持ち良い」と、

今日一緒に歩いた中学生が言っていました。

クモの子ども達にも出合いました。

 

森の樹々の葉も大分茂りましたね。

目で、肌で、耳で、香りで、(味でも感じたい!)感じられる季節の変化、

一日一日が見逃せません!

(伊澤)

pagetop