旬の尾瀬情報−2018年6月21日(尾瀬ヶ原) | 尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報−2018年6月21日(尾瀬ヶ原)

梅雨らしくない日が続きますねぇ〜今日も良い天気の尾瀬でした。

にも拘わらず尾瀬はかなり空いていて、いらっしゃった方も「のんびり楽しめて良かった〜」なんて満足そうでした。

やっぱり混雑している時よりも空いているときの方が自然を堪能できて良いですよねぇ〜

 

そんな尾瀬からの旬の情報をお伝えします

 

「白いイワカガミ。燧ケ岳見晴新道柴安山頂下の岩場に群落があります」

岩場で良く育ち、葉が鏡のように光沢があるということでイワカガミといわれています。

特に白化変種(品種)したものをシロバナイワカガミといいます。本来はピンク色ですが、白も良いですね〜清楚な感じがします!

 

こちらは小学生君たちが見つけた好奇心ある数々

「不思議なものを探し出すセンサーをフル活用して、尾瀬歩きを満喫していました。」

はじめは何かな?と思いましたが、マルバノモウセンゴケのようですね。。

湿原でよく見ますが、木道の上(?)にも育つんですね。。

 

ゲンゴロウですねぇ〜最近は日本各地で個体数が減って種によっては絶滅危惧も危ぶまれています

 

ハロがでました!薄雲が張った時に太陽の周りに発生します。神がかった雰囲気を出してくれてますね〜

 

「竜宮尻の木道の下に大きなイワナが3匹いました。40cm以上はありそうです。」

撮影は6/17とのことですが、なかなかのオオイワナですねぇ〜尾瀬では沢などで結構見つけることができます。

 

ツアーでガイドをしていると、皆さんがいろいろな発見をしてくれます。

ちょっとしたことから、さらに尾瀬を知るきっかけになるのだなぁ〜と感心します。

尾瀬は、訪れるたびにいつも何か新しい発見をもたらしてくれる素敵な場所ですよ!

 

みんなで尾瀬を楽しみましょう!(MIYA)

 

pagetop