尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旬の尾瀬情報 - 2019年9月14日【至仏山、苗場山】

秋の空気がすがすがしい連休初日。

稜線は涼しい風が吹き抜けていて、とっても登山しやすい一日になりました。

至仏山の稜線は雲がかかりやすい条件でしたが、頂上付近からの尾瀬ヶ原はスッキリと見渡すことができました。

こうして見ると草紅葉が進んでいますね〜。

 

 

いっぽうこちらは苗場山。

神楽ヶ峰をこえて、いよいよ苗場山に向けての最後の登りという場所です。

こちらも頂上付近は霧に覆われていました。

ちなみにツアーパーティがどこにいるか分かりますかね〜?

 

お!? いましたね〜。

そう写真の右下すみにいました。

ここから頂上までに標高差は約200m。けっこうハード登山です。

 

実は下山の道すがら、リスとの出会いもありました。

頭上の枝の間からパキパキと音がしているので見上げると、なんとブナの葉を食べているリスがいました〜♪

(安類)

旬の尾瀬情報 - 2019年9月13日【尾瀬ヶ原】

今日の最高気温は14℃!!

いっきに空気が秋めいてきました。残暑を感じることもありますが、これからは気温と相談しながら服装を決める季節がやってきましたね〜。

 

この冷え込みで草紅葉がまた1段階進んだ感じです。

ほんの一瞬だけ燧ヶ岳が姿を出してくれましたが、ほとんどず〜っと霧の中でした。

こんな日ですが、参加してくれた方からは「きれい」「見たことの無い風景」「一度は来てみるべき」なんていうコメントもらえて嬉しかったな〜。

 

森の中も霧にむせいでとっても幻想的でした♪

 

こんな寒い日だったのに希少なクワガタを2種類発見しました!!

左はヒメオオクワガタ、右はミヤマクワガタです。

どちらも寒い場所に生息する生きものたち。もうすぐやって来る厳しい季節を乗り越えてほしいな〜。

(安類)

旬の尾瀬情報‐2019年9月11日【尾瀬ヶ原】

今日の尾瀬はお昼から雷雨!!

でもね〜、この時期の雨は気持ちいいなぁ〜

雨の池塘もなんか良い感じですね〜雨が降ると尾瀬ヶ原も喜んでいるかのようです。。

 

今日の中学生たちも雨にたっぷり降られながら、そして鳩待峠の沢登りを愉しんで、笑いながら下山していきました。

ピチピチチャプチャプランランランというには、ちょっと激しい登山道ですね。。

でもきっと楽しい思い出になったでしょうね。

 

山の面白いところ、大変なところ、全てをあわせて楽しんでいる様子がとても楽しかったです。

(MIYA)

旬の尾瀬情報‐2019年9月10日【尾瀬ヶ原】

南関東に大きな被害をだした台風が過ぎ去り、今日は暑い一日でしたね。

ちょっと別件で渋川に行ってきたのですが、車に戻ると38℃の表示が。。ウソでしょ?と。。

また、夏が戻ってきたような感じですが尾瀬はどうかな?

旬の尾瀬情報で確認してみましょう。

 

本日は晴天。気温も25℃とかなり暑く感じた一日。良い汗かきました。

各箇所で見頃のトリカブト。山ノ鼻湿原はトリカブトロードになっていました。

この時期、山ではトリカブトをよく見ますよね。

っていうか、25℃?確かに最近としては暑い一日だったかもしれませんが、それでも平野部に比べたらかなりの涼しさですよね〜

 

エゾリンドウも見頃です。ミヤマアキノキリンソウとの競演

エゾリンドウの紫って綺麗ですよね。

 

有名な逆さ燧撮影ポイント。今日は迫力ある景色が見られました。

ちょっと山頂に雲がかかっていますが、燧ケ岳ってかっこいいですよね〜

逆さ燧も映るのをみるとうわぁ〜ってなりますよねぇ〜

 

尾瀬ヶ原は草紅葉が進んでいます。今年は良さそうですね〜

 

今日の尾瀬は美しかった!!

午後からくるよ〜と言われていた雷雨にヒヤヒヤしながらも、結局は降らずな穏やかな秋晴れの尾瀬となりました。

いやぁ〜秋色になりましたねぇ〜

 

大きな羽を広げている鷹?鷲?鳶?

正解は鵟です。えっ?何て読む?正解はノスリです。

渡り鳥の一種ですが、漂鳥と言って繁殖は標高の高いところや北で行い、冬は暖かいところで越冬します。

 

今年の尾瀬の紅葉は最高になるんじゃないですかねぇ〜という期待いっぱいの尾瀬でした。(MIYA)

 

 

旬の尾瀬情報 - 2019年9月7日【尾瀬ヶ原】

いや〜、台風一過ならぬ、台風接近前日の晴れとなりました。

私たちは草紅葉が一段階進んだ尾瀬ヶ原へと行ってきました。

今日の至仏山や燧ヶ岳に登った方々は絶景だったんでしょうね〜。いやいや、もちろん尾瀬ヶ原も絶景でしたよ〜。

ホレッ!! こんな感じに秋晴れでした〜♪

 

 

青空が美しい日は湿原の池溏も青を映して素晴らしい!!

なにしろ周りは黄金色の湿原なので、これ以上にゴージャスな色彩のコントラストは無いと思っています。

写真の水面に浮かんだ植物は午後2時ころに咲き誇るヒツジグサ。

それでは朝の写真と午後の写真を比べてみましょう〜。パシャッっと。

 

はい、こちらが午後4時の写真・・・。

あまり変わってないかも・・・。

そう、実は午後2時に咲き誇った後、急速に開花したヒツジグサが閉じていってしまっていました。

む〜、どれだけ人を待たせてあげく、すぐに閉じてしまうなんて・・・。

思いっきり省エネなお花なんですかね〜。

 

あんまり悔しいので、まだ沢山咲いている池溏を見つけてローアングルで撮影をしてみました。

おお〜、こんな感じに見るとまた違った趣がありますね!!

 

そうそう、山小屋近辺ではアケボノソウも咲き始めていました。

こちらのお花も色合いが好きなんですよね〜♡

(安類)

旬の尾瀬情報 - 2019年9月5日【尾瀬ヶ原】

やっと晴れた!

嬉しいのでもう一度言います。やっと晴れた〜!!

この1週間は毎日降られてしまっていましたが、今日は雨降らずのラッキーデイでした♪

という事で、秋が本格的にスタートした尾瀬の風景が姿を現してくれました。

 

 

定番ポイントの風景も湿原の色合いが変わって来たのを感じます。

今日は汗ばむほどの陽気。

お昼時の最高気温は25℃くらいあったでしょうか。

私は暑くて半袖シャツ1枚でしたが、おかげで日焼けしました・・・。

 

植物も動物もやってきた秋を感じてか、厳しい冬を迎える前に子孫を残そうと必死です。

秋は美しい風景だけでなく、いのちの営みがあちこちで見られる季節なのかもしれません。

 

で、晴れた今日はハロも出現しました。

この晴れは明日まで続きますが、その次はなんと台風が接近。

湿った空気が運ばれてくるのを感じさせてくれました。

(安類)

旬の尾瀬情報(2019年9月4日)【尾瀬ヶ原】

秋の気配を感じる今日この頃。。

尾瀬の朝は、肌寒さを感じています。


冷えると一気に秋色に変わりますよね。


で、秋によく見かけるエゾリンドウ。。

エゾリンドウみるとやっぱり秋だな〜って思いますね。


で、尾瀬ヶ原。。

って、秋じゃん。。。

草紅葉も進んでますね〜


動物たちも冬に向けて動き始めます。。

冬眠前に一杯。。飲みたい。。のかな?


キベリタテハが木道で休憩中

羽の縁(ヘリ)が黄色だからキベリと名前が付いてますね〜覚えやすいですね。


朝晩はかなり冷えてきていますので、早朝や宿泊の方は、防寒着を忘れずに〜

(MIYA)

旬の尾瀬情報 - 2019年9月1日【男体山】

今日は男体山に登ったツアーガイドから、「やっと晴れました!!」と喜びの声が。

そう、本当に久しぶりの晴天での登山ツアーでした。良かったね〜♪

尾瀬のおとなり、日光の名峰・男体山。

頂上からの展望は本当にパラダイス!!

 

 

頂上から見た女峰山。

これまた日光の名峰のひとつ。

男体山と夫婦関係にあるという女峰山。

実は女峰山のほうが険しくて、難しい山だったりします(!)。

残念ながら尾瀬の山々は見えなかったようですが、別の山から尾瀬を見てみるのも良いですよね〜。

(安類)

旬の尾瀬情報 - 2019年8月30日【尾瀬ヶ原】

8月30日は尾瀬の日〜♪

なんでこの日が?? と思われるかもしれませんが、2007年8月30日に尾瀬国立公園が誕生した事を祝って「尾瀬の日」とされています。

記念すべき本日でしたが・・・今日も雨。

だけど尾瀬の勉強に入山していた生徒さんの元気な声が聞こえていました♪

 

 

お昼前後にはまとまった雨になってしまいました。

これは山の鼻ビジターセンターのレクチャールームの写真ですね。

たくさんの子どもたちが雨宿りにきていました。

尾瀬学習に来ていた学校さんですが、思わぬ雨に大苦戦ですよね。

だけど子どもの頃の大変な体験は、その後の成長にとってもプラスになるんだとか。

尾瀬が嫌いにならないと良いけど、雨の日も尾瀬には必要な1日なんだよね。また訪ねてきてほしいな。

 

それにしても雨な一日だったので、写真がほとんどありませんでした。

夏の終わりの雨の日でしたが、湿原ではハッチョウトンボを見つけることが出来たそうですよ。

(安類)

旬の尾瀬情報 - 2019年8月29日【尾瀬ヶ原】

今日もお天気はめまぐるしく変わりました。

だけどこの時期特有の「貸切尾瀬ヶ原」状態。

個人的には秋へと向かい始めたこの時期の尾瀬は好きなんですよね〜。

春とは違った意味で、不安と期待が入り混じった感じ。

緑の季節が終わることへの残念さの一方、これからやって来る錦秋の季節への期待感。

どちらにせよ、私たち「やまもり」ガイドの尾瀬シーズン後半が始まりました!!

 

 

なかなか顔を拝ませてくれない至仏山と燧ヶ岳。

一瞬、全貌を見せてくれましたが、次の瞬間は霧のなか・・・。

こんな「チラ見せ」を繰り返しながら、秋晴れの日に「あれ〜!? こんなに色づきが変わっている??」と私たちを驚かせてくれるんでしょうね。

 

今シーズンはノスリの姿をたくさん見かけます。

彼(彼女?)もたぶん今シーズン成鳥となったノスリ。

もうすぐやって来る冬の大移動に備えて栄養を蓄えてね〜。

 

そして今日一番「美しいな〜」と感じたのが、下山時の「こもれび」でした。

ラストの登り区間なので、見上げる余裕のない場所だと思いますが、足をとめて回りを見ると・・・尾瀬はいつでも自然の美しさを教えてくれますね〜。

(安類)

<<back|<12345678>|next>>
pagetop