尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報 - 2019年5月3日(至仏山)

走っている車も多く、連休らしさを感じさせるゴールデンウイーク後半。

非日常を感じて楽しんでいる方も多いかな?

残り数日の休日をめいっぱい楽しんでください♪

 

 

残り3日になったこの時期の至仏山登山。

日に日に目減りする雪に季節の移り変わりを強く感じます。

それしても雪面はだいぶ黄色くなりましたね〜。

 

小至仏山のトラバースルートはしっかり出来上がっているので安心です。

 

小至仏山前後と至仏山の間は風が強いことがあります。

今日、帽子を飛ばされてしまった方もいらっしゃいましたので、装備をしっかりチェックしましょう。

ちなみにこの方は斜面を下って帽子を取りに行きました〜。

 

山頂の石碑

すっかり雪の中から出て、回りの岩やハイマツなどの木々も出てきています。

休憩場所に気を付けて。

 

山頂から見える尾瀬ヶ原も変りましたね〜。

池塘も見えるようになってきました。

今年の尾瀬ヶ原湖はいつ出現するかな?

 

ほぼほぼ毎日表れるハロ。

薄い雲が上空に出てきたら是非太陽の方を見てみましょう。

ちょっと得した気分になれますよ。

 

景鶴山

崩落が起こったようですね。

登る方はお気を付けて!

 

山頂手前の偽ピーク脇のルート。

木々が踏まれて皮がむけてしまっています。

枯れてしまいますね。

 

上の写真と同じ場所なのですが、数メートル離れている場所。

木々の中に入りそうでしたら無理に突っ込むのではなく周りを見回しましょう。

歩ける場所が必ずあります。

自然に対して優しい気持で接したいですね。

 

4、5日は天気が良さそうですよ。

日焼け日よけ対策と防寒対策をお忘れなく!!

(小林)

2019年5月3日 - 至仏山スノーシュートレッキング

令和最初の至仏山へ

天気予報は晴天だが稜線に出ると強風。

あれ?

この前登った時の天気予報と同じ?

 

ではいざ出発!

 

稜線に出ると予報通り強風が。

でもこの前ほどの風の強さではなかったので良かった〜。

 

そして、あれよあれよと山頂に!

登りやすい日和となりました〜。

すごく遠いところは霞がかかっていましたが、それでもかなりの範囲が見られる眺望。

やり〜!

無事登頂〜。

 

尾瀬ヶ原をバックに、

はいポーズ。

 

そしてここで登山中に見られた自然現象の紹介。

今日の雪面はフィルムクラストになっていて、強風が吹くとそのフィルムクラストが割れて舞い上がる現象が。

見ていて面白い♪

 

そして景鶴山。

雪崩ですね〜。

遠すぎてどんな状況なのかわからないのですが、雪が落ちたというか土の部分が落ちたようですね。

怖い怖い!

 

そして不思議現象をご案内

なぜか箸が1本雪に刺さっていました…。

なぜだろう?

 

最後は引き合いに出して申し訳ないのですが、

ナイキのスニーカーで登っている方たがいらっしゃいました。

山頂に行けたのかわかりませんが、登りきれたかな〜。

応援したくなってしまいました!

 

いつ来ても、どんな時でも登ると楽しい至仏山。

でもこの時期の至仏山は特別感満点。

いつ久しくこの自然が続くことを願いながら来シーズンの降雪を期待してゴールデンウイークの至仏山は終わりたいと思います。

(小林)

旬の尾瀬情報 - 2019年5月1-2日(尾瀬沼)

令和元年初日の5月1日と2日にかけまして尾瀬沼に行ってきました。

天気には恵まれなかったのですが、楽しいお泊り尾瀬沼となりました


 

大清水から入ってキクザキイチゲがあまり目立たず咲いていました。

見つけられるかな〜。

 

大清水ー一ノ瀬間では半分くらい進むと雪道になります。

雪解けがどんどん進んでいるので日に日に砂利道を歩く距離が長くなっています。

 

一ノ瀬のトイレはまだ使えません。

 

三平下の各施設もまだ開業していません。

トイレも使えませんのでお気を付けて

 

尾瀬沼はまだ雪に覆われ白い雪原。

歩けます。

 

ただ、場所によってはだいぶ水がしみるので、沼の横断はおススメしません。

 

長蔵小屋は除雪を進めていますのがまだまだ雪は消えなそうです。

 

大江湿原に出てすぐの場所でミズバショウが咲いていました。

ただ、小さすぎて見すごしてしまうかも

 

 

帰りの話しですが、三平峠をすぎ、12曲りに向かいますが、

12曲りの1つ目の曲がり角に入る場所がわかり難く、足場が安定しません。

十分に気を付けて下さい。

 

 

尾瀬沼へのルートでの注意点として、

大清水を出発すると尾瀬沼ビジターセンターまで途中使えるトイレがありません。

ご注意ください。

 

また、ゴールデンウイークの時期の影響か、かなりラフな格好の方が多く入っています。

事前に情報をしっかり調べて入山しましょう。

痛い目に合いますよ♪

 

(小林)

2019年5月1-2日 - 尾瀬沼スペシャルツアー

5月1日天気が心配な中、尾瀬沼へ向かいました。

前回ここに立ってから16日ぶりなのですが、雪が激減していてびっくり。

春は季節の進みが早いですね〜。

 

大清水−一ノ瀬間で咲いていた花は見つけられたのはキクザキイチゲだけ…。

尾瀬の花の季節はまだまだのようです。

 

尾瀬沼はまだ一面雪に覆われていましたが、場所によっては歩くと水がしみ出すところもありちょっとドキドキしながら歩きました♪

 

霧雨の中の大江湿原を見るとぼんやり浮かび上がる三本カラマツ。

いや〜、幻想的でびっくりするくらいの美しさ

 

お世話になった長蔵小屋の前はまだまだ雪がたっぷり!

除雪を進めていましたが、雪が無くなるまではまだまだ時間がかかりそうですね〜。

 

大江湿原に出たところ直ぐの雪がとけていたところで水芭蕉が顔を出していました〜!

でも小さい!

見過ごすくらい小さい!

水芭蕉の見頃はまだまだですね

 

2日目の朝は尾瀬沼で雪!

風も強く真冬の様相。

寒かった〜。

 

下山後

大清水小屋にて昼食。

山菜の天丼を頂きました〜。

うまかった〜!!

お腹が満たされて2日間大満足な尾瀬沼スペシャルツアーでした〜!!

(小林)

2019年5月2日 - 赤谷湖探検カヌーPM

サクラが少しずつ散る季節。

それでも新緑がまぶしくて、最高のお天気に恵まれた赤谷湖探検カヌーツアーに出かけてきました。

最初の1枚でも十分にその雰囲気が伝わるのではないでしょうか?

 

 

実は最高のお天気だったかわりに、とっても風の強い一日でもありました。

カヌーにとって風はなかなかの強敵。

それでも今日のご家族は風をものともせずに力強く漕ぎ進んでくれました。

 

大型連休は赤谷湖が1年でもっとも美しい時だと私は思います。

なにしろ他に船が少なくて、貸切感たっぷり!!

 

最後まで和気あいあいとした雰囲気のご家族で、私も新緑の赤谷湖カヌーを満喫することができました。

ご参加いただき、本当にありがとうございました。

残りの大型連休も充実した旅行をお楽しみくださいね〜!!

 

(安類)

旬の尾瀬情報 - 2019年4月29日【尾瀬ヶ原】

今日も尾瀬に出かけてきましたよ〜♪

ほとんどの登山者が至仏山へと登っていくなか、私たちは尾瀬ヶ原へ。

この時期の尾瀬ヶ原はびっくりするほど静かなんでおススメです〜。

という事でちょこっと尾瀬ヶ原情報。

 

まず尾瀬ヶ原には積雪が平均して1m以上あります。

もちろん川沿いは雪解けが進んでいるのですが、この雪解けした所にはミズバショウがほんの少し咲いています!

下の写真も8株くらい咲いてますが・・・やっぱり尾瀬の風景の中で咲くミズバショウは最高に絵になります。

 

 

川沿いは近づくことができないので、望遠レンズが欲しいですね〜。

 

逆さ燧の池溏はほんの少しだけ池が出始めています。

姿を見せ始めた池溏は青い色で美しいな〜♪

 

尾瀬ヶ原はやっぱり絶景だらけ。

大型連休の静かな尾瀬ヶ原。

こんな場所で泊まりながら絶景を探す山旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

(安類)

2019年4月28日 - 至仏山スノーシュートレッキング

昨日からの荒天から天気が回復した尾瀬。

期待していざ至仏山へ。

 

お客様はスノーシュー3日目

今シーズン旦那さんがスノーシューを衝動買いをしたそうで、ただいまスノーシュー特訓中。

 

所がどっこい!

稜線に出ると台風並みの強風!!

ブリザード!!!

雪が顔にあたり痛い!!!!

顔を上げられない!!!!!

寒い!!!!!!

 

 

山頂から見る尾瀬ヶ原。

今年はたっぷり雪があります!

昨年はこの時期で既に雪が無かったですからね〜。。

 

一番注意したい所は小至仏山のトラバースルート。

行きは新雪の影響で幅が狭く歩くのも難しかったですが、帰りは多くの方の歩いた後だったので歩きやすくなっていました。

ですが気を抜かず慎重に歩きます。

 

今日は頂上踏むまで強風でしたが、下山時には風も弱まりうってかわって暑い位に。

上着を脱いでいざ鳩待峠へ。

 

1日の中で色々と経験が出来た至仏山でした〜。

 

(小林)

旬の尾瀬情報 - 2019年4月28日【鳩待峠〜至仏山山頂往復】

上越新幹線が停電になり大幅な遅れが出たとの事ですが、ゴールデンウイーク最中なので多くの方が影響を受けたことでしょう。

尾瀬にお越しになった方でこの影響で遅れた方もいらっしゃったようですよ。

 

 

今日の至仏山はというと…、

降雪の後の至仏山。

一面真っ白になり綺麗な雪面に。

そのかわり日焼けが増々すすみました〜。

 

 

 

新たな積雪量は深い所で20センチくらいでしょうか。

スノーシューが楽しくてしかたありません♪

 

 

 

稜線に出ると台風並みの強風。

ここは尾瀬か?と思わせるくらの雰囲気に。

風で飛ばされてきた雪が顔にあたり痛いのなんの。

 

 

 

稜線の木々には強風のお陰でエビの尻尾が成長していました。

ただ、昼過ぎには風がやみ、一気に暖かさを感じる気候に。

木々に付いていたエビの尻尾は音を立てて崩れていきました。

自然の美しさは刹那。

 

 

 

山頂から尾瀬ヶ原を歩く人々を撮影してみました。

良く見えますね〜。

至仏山と違って空いていて羨ましい♪

 

 

 

本日至仏山にて遭難者が出たようです。

状況はまったくわかっていませんが、明日以降も気を引き締めて尾瀬に入りたいと思います。

 

 

 

今日の朝は戸倉から鳩待峠へ向かう乗合タクシーやバスは積雪による道路状況から登れない車もあったようで結構混乱していました。

帰りには道路上に雪は無く、すっかり乾いていました。

朝の混乱は何だったのでしょう…、と思う位。
そして雪の量が場所によっては相当目減りしています。
山頂付近では植物を踏んで歩いている方を多数目にしました。
こらから尾瀬にお越しの方、特に至仏山に登られる方は自分にとって歩きやすルートを選ぶのではなく、自然に優しいルートを選んでで登って頂けばと思います。
ではでは楽しいゴールデンウイークを!!

尾瀬緊急情報 - 鳩待峠への車道に積雪

尾瀬緊急情報 - 鳩待峠への車道に積雪

 

今日(4月27日)の冬型気圧配置で、尾瀬はお昼過ぎから吹雪となりました。

これによって鳩待峠への車道に積雪があります。

少なくとも明日(4月28日)午前中に通行される方は、スタッドレスタイヤまたはタイヤチェーンの装備が必要になりそうです。

 

 

写真は16:00頃の写真。

おそらく明日明け方まで断続的な雪になると思われます。

 

明日の午前中は低温が残っているので、至仏山等の標高の高い稜線部は雪が氷化している場所もあると思われます。

現地での情報収集をしっかりと行ってから入山しましょう。

 

(安類)

2019年4月24日 - 至仏山バックカントリースキー

やまもりはスタンダードツアーのラインナップにバックカントリースキーツアーがありませんが、今回のご依頼はオーダーメイドツアーとして至仏山BCツアーを実施しました。

今回は苗場で働いていた方々がお客さまです。

最初の1枚はこちら。鳩待峠の登山口で集合写真。

すご〜い雪の壁!! スタートは薄日がさす曇りでしたが、予報で午後から雨(!)

さて、どうなったでしょうか〜?

 

 

鳩待峠からは山小屋に資材を運ぶヘリコプターが何回も往復していました。

午後からの天候悪化もあるので、パイロットも大忙しなんでしょうね。

 

今日は気温も低くて、歩くには快適なんですよね〜。

お客さまも薄着で順調に上っていきます。

 

おお!!

尾瀬ヶ原も見えてきた〜!! と思ったのもつかの間・・・。

 

この辺から一気にガスが濃くなってきました。

ん!? 雨もポツポツ降ってきました。

だけど写真真ん中の人は「降ってませんよ〜」とTシャツで頑張ってます。

 

小至仏山トラバース。

視界5mで猛烈な風になってきました。この状況下でも笑顔のお客さま。凄い!!

 

トラバースが終わった所で風が凪いでいたので、ガイド判断でここから滑ることに。

昼食休憩を取る余裕が無かったので、軽食で済ませることに。

今日のおやつは「ハッピーターン」。

もちろんここからの滑りを願ってのひとコマです。

 

滑り始めは視界5m。

だけど雪質が良かったので、難なくクリア。

視界が開けるころにはみんなワイワイとはしゃぎながら滑りました。

 

樹林内に入って風をしのげるようになったので、ここで遅めのランチタイム。

ここまでの快調な滑りもあって、アットホームな時間でした〜♪

で、鳩待峠直下のスノーブリッジをわたってシールで鳩待峠へ難なくゴール!!

 

鳩待峠からの帰りには今シーズン最初のミズバショウを発見。

雨はだいぶ強く降っていましたが、ほっこりとした瞬間でした。

 

って事でオーダーいただいた至仏山BCツアーも無事終了しました。

みなさま、お疲れさまでした!! (安類)

 

<<back|<123456789>|next>>
pagetop