尾瀬・奥利根のネイチャーツアーガイド・やまもりのブログ
September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

旬の尾瀬情報−2018年6月9日(尾瀬ヶ原ー尾瀬沼)

いよいよミズバショウシーズンも最終週(っていってもすでにミズバショウは。。。)を迎えいろいろな花の写真が届きました。

 

色鮮やかな花を見ていると心ウキウキしてきませんか?しますよね?えっ!?。。してください!!

 

ってことで今日の旬の尾瀬情報をご案内します!(MIYA)

 

まずは、「いよいよ初夏の装いです。」ってことでこの二枚。

 

一枚目はレンゲツツジですね〜とっても鮮やかな色のツツジですが、有毒植物なんですよねぇ〜

二枚目は、え〜と。。。オオバミゾホオズキですね。写真では分かりませんが、花はろうと状で、葉が鋸歯になっているのが特徴ですね。

 

「長英新道分岐近くの木道の脇にキヌガサソウが咲いていました」

葉が、衣笠(奈良時代の日傘)に見立てているところから名前が付いているそうです。

なんとなくシンメトリーな感じが美しいです。

 

「私はニッコウキスゲ、出番が早まりそう」

おいおい、ニッコウキスゲ君。ちょっと早すぎだよ。急がないで良いから綺麗な花を咲かせてね。

 

「一人で尾瀬を満喫中」

ツアーに参加した小学生君(さんかな?)尾瀬を満喫できたでしょうか?

 

「鳩待峠から歩いて、本日宿泊する見晴までもうすぐです」

日帰りだとなかなか見晴(みはらし)まで行ける人はいないですよね〜見晴は尾瀬の中心部。翌日の期待を胸に。。お疲れさまでした!

 

「群れない白樺」

回りに惑わされず佇む感じが雰囲気を感じます。

 

「ヨッピ‐牛首間の鹿の親子」

ガイドからのコメントでは、親子。と、見えにくいけど手前の柄の変化は子供がいるのかな?

 

動物繋がりでもう一枚。

「沼山峠に向かう途中、ぷらり館裏の神社にお参り中のカモシカ」

ぷらり館は、戸倉にある尾瀬第一駐車場入り口にある展示館兼温泉施設です。

そういえば僕も今日、お客さんと鳩待峠に行く途中でカモシカ君が道路を横切りました。轢かれないようにね。

 

梅雨に入った割には天気が良くて、とってもいい感じです。

天気が良いと花の成長も進みますが、あまり進み過ぎると季節がどんどん進んでしまいます。

 

手ごろに例年通りの季節感であると良いなぁ〜なんて思っていたりしますが。。今年は難しそうだなぁ〜

 

いろいろな花の便りが楽しみになっているMIYAでした。

 

みんなで尾瀬を楽しみましょう!

旬の尾瀬情報ー2018年6月8日(ハルザキヤマガラシの除去作業・尾瀬ヶ原)

 

6月8日。

今日も尾瀬にたくさんの方が訪れていましたが、

その一方で尾瀬の自然を守るための活動が行われていました。

 

鳩待峠から津奈木の車道沿いに侵入しているハルザキヤマガラシの除去作業。

尾瀬内に侵入したら大変なことになるこの植物。

瀬戸際での除去作業が毎年行われています。

 

この風景を変わらず守っていくために。

蕾はピンク、開くと真っ白に。

ズミの花、満開です。

ミツガシワ

池塘に映える緑と空。浮島も華やかになって来ました。

 

(伊澤)

ハルザキヤマガラシの除去作業を行いました

毎年この時期に行っているハルザキヤマガラシの除去作業を行いました。

ハルザキヤマガラシは北米原産のアブラナ科植物で、日なたの湿潤な気候を好む移入植物です。
という事は尾瀬ヶ原は最も好きな環境のひとつで、この植物は1株で10万個以上の種を散布することから、要注意外来生物に指定されています。
尾瀬でハルザキヤマガラシが発見されたのは15年ほど前ですが、当日は故・内海広重さんが警鐘を促し、私たちやまもりがそれに応えて作業を始めたのが6年ほど前。
昨年からは尾瀬保護財団もこの作業に協力していただくようになり、根絶を目指して作業を行っています。

 

 

今回は環境省のレンジャーさんも参加してくれました。

 

東京電力さんも参加。

高所作業に慣れている方々なのか、こんな場所までスイスイと作業していました。

 

今回の作業は鳩待峠から津奈木の車道沿いでしたが、ビニール袋が20袋山積みになる状況でした。

尾瀬への侵入を食い止めるためにも、瀬戸際での作業が毎年地道に行われています。
作業に参加してくれたみなさま、本当にお疲れさまでした!!

 

 

旬の尾瀬情報−2018年6月7日(尾瀬ヶ原ー尾瀬沼)

昨日、梅雨入りしましたね。いきなり梅雨の晴れ間となった今日。

この時期の尾瀬にしては、かなり空いていたようですね。

 

この天気に呼応してか、届いた写真は風景が多かったですね〜

 

この写真を見たら、やっぱり尾瀬に行けばよかった〜って思ったかもしれませんねぇ〜(MIYA)

 

「昨日の雨から一転」

写真から清々しさが感じられますねぇ〜

 

「燧ヶ岳と池塘と青空」

尾瀬ヶ原にいると、至仏山と燧ヶ岳に囲まれてるなぁ〜って感じますね。。

 

「朝霧舞う」

場所は見晴付近とのことです。湿原で水分が多いですから霧は出やすいですよね。湿原霧?池塘霧?どっちがいいかな?

 

「朝の燧ヶ岳」

こういう景色は、山小屋に泊まらないと見れないでしょうねぇ〜

 

「ブナ」

山の鼻〜鳩待峠では多くのブナを見ることができます。緑が映えますね。

 

「尾瀬沼ではまだ桜が見られました」

今年は桜が早かったからなぁ〜なんて多くの人がいていましたが、尾瀬沼では見頃です(笑)

 

「研究見本園のミズバショウも終盤!あと2〜3日くらいかなぁ〜」

尾瀬ヶ原のミズバショウは緑の葉が育ってきていますがまだ綺麗ですねぇ〜尾瀬ヶ原に行ったときは忘れずに訪れてくださいね〜

 

尾瀬の最初のピーク「ミズバショウ」は、いよいよ終盤です。

これから多くの花が咲き乱れ尾瀬の本領発揮するシーズンに差し掛かります。

次はどんな花が見られるのか、楽しみですね。(MIYA)

旬の尾瀬情報ー2018年6月6日(尾瀬ヶ原)

梅雨入りとなった本日、6月6日。

尾瀬でもしとしと雨が降り、その後曇り空となりました。

 

今日、ご案内したツアーでは、

「雨の尾瀬もいいものですね。」

と、みんな言ってくれる優しいお客さまでした。

終盤に入ったミズバショウを見て感動。

憧れの尾瀬に来られて喜んでくれている様子をみて、こちらも満足な1日でした。

 

ギンリョウソウ

ミヤマエンレイソウ

ルイヨウボタン

ツクバネソウ

ツリバナ

 

雨の森は緑がより艶やかに、色濃く、映えますね。

とても綺麗です。

(伊澤)

 

旬の尾瀬情報−2018年6月5日(鳩待峠‐尾瀬ヶ原)

やっと旬の尾瀬情報の投稿に慣れてきたMIYAです

 

今日届いた活きの良い旬の情報をお届けします

 

最初の一枚はこちら。。

「平日なので人は少なめでしたが、ヘリは一日中荷物運びで大忙し!!」

月に二度ほど天気の良い日にヘリによる搬送があります。鳩待峠駐車場奥ですがあまりのヘリの近さに多くの方がカメラを向けていました。。

 

続いて、

「お昼は無風で池塘は尾瀬の風景が写し込まれていました」

っていうか、完全無風ですね。最初に見た時に、写真が逆さまじゃん!って思ってしまいました。

 

最後に、

「穏やかな山の鼻でした」

ホントに穏やかですね。週末の混雑度からみると平日の平穏さにほっこりします

 

尾瀬に来た方とお話しすることが多いですが、ミズバショウが終わりの時期においても大変喜ばれて尾瀬を後にするのが印象的です。これから多くの花に囲まれるシーズンに入ります。華やかな尾瀬が皆さんをお待ちしています。

 

みんなで尾瀬を楽しみましょう!(MIYA)

旬の尾瀬情報ー2018年6月4日(尾瀬ヶ原)

6月4日、昨日の尾瀬ヶ原です。

花数が日に日に増えていますね。

「今日、あの花が咲いていたよ!」と、

先に入山していたガイドがすれ違い時に教えてくれるというのも挨拶のひとつです♪

 

ニリンソウの中に一定割合存在するミドリニリンソウ

先を急ぎ過ぎないで、時には立ち止まってでも探してみたい花です。綺麗だなぁ。

 

シナノキンバイ咲きました。

 

こちらは今日咲くかなぁ。

 

ヨッピつり橋

 

下ノ大堀川の先の池塘にミツガシワの群落

白く見えるのがそうですよ♪

 

思い切り姿勢を低くして。水芭蕉と同じ目線になってみました!

 

(伊澤)

 

旬の尾瀬情報ー2018年6月3日(尾瀬ヶ原)

6月3日、尾瀬ヶ原に白い虹が出た朝でした。

 

「午前69分撮影。

朝食後に再び、尾瀬ヶ原を仰ぐと、白い虹の予感。ほんの10秒くらいの出来事でした。」

見晴宿泊のガイドから届いた文章と朝の写真です。

尾瀬の中に宿泊された方々への素敵なプレゼントですね。

まだ見たことがない私は、いつも人から話を聞いてうらやましがる役ばかりです。今年こそは!

 

さて、今日の尾瀬も賑わいました!鳩待峠。

湿原の木道も混雑。

ガイドも大好きなお弁当の時間。今日は尾瀬名物の舞茸弁当でした♪

今日も美味しかったです♪ごちそうさま!

 

ミズバショウの見ごろは後半となりましたが、リュウキンカと一緒に撮るとなかなか。

いまミズバショウが一番きれいなのは研究見本園。

遠目から見ると地面が真っ白に見えます。

研究見本園ではチングルマも咲き始めました。

尾瀬では数が少ないミドリニリンソウ。ニリンソウの品種ですね。

林床ではタチカメバソウが咲き始めました。

私も好きな花。「私も!」と、そう声を挙げる方が多い花だと思います。

 

鳩待峠〜山鼻間木道の脇にはオオサクラソウが一輪咲き始めました。

今年は当たり年ですね。期待できるコバイケイソウ。
それにしても時期が早すぎる。

 

最後に、池塘に映った今日の空。

賑わいの中、この景色を見るとホッとします。

 

(伊澤)

NHK第1「石丸謙二郎の山カフェ」に出演しました

今年4月からスタートした、NHK第1放送の「石丸謙二郎の山カフェ」にゲストとして出演させていただきました。

尾瀬特集という事で、50分間の放送はすべて尾瀬!!

わたしは尾瀬ガイドとして、尾瀬の見どころ、おススメコースの紹介をさせていただきました〜。

 

 

パーソナリティのおひとり、井田寛子さんは2年前に尾瀬を訪ねてきてくれた時にガイドを担当したこともあり、お会いした際に「あら〜っ♪」と気軽にお声かけいただき嬉しかったな〜。今年1月にお子さまが誕生したこともあり、次回はお子さまと一緒に尾瀬に行きたいと話されていました。

 

メインパーソナリティの石丸謙二郎さんはシブいお声の印象どおり、やさしく、そしてユーモアあふれる方でした。お噂どおりの山好きな方で時間がゆるせばもっと山のお話をしたかったです。

 

生放送という事もあり、シマッタ、聞き逃した!!

なんていう方もいらっしゃるかもしれませんがご心配なく。

実は「らじるらじる」の聞き逃し番組の視聴で1週間ほどは聴くことが出来ます。そちらをどうぞご利用くださいね〜。

 

■参考:石丸謙二郎の山カフェ・編集後記 http://www4.nhk.or.jp/yamacafe/24/

 

以上、慣れない室内取材で超緊張していた安類でした。

 

旬の尾瀬情報ー2018年6月2日(尾瀬ヶ原)

6月2日。

尾瀬のシーズンの中で、一番混雑が予想されるのが今週末と来週末。

今日の尾瀬へいらっしゃる方をお迎えするため&安全を啓発するため、ご案内するため、

ボランティア、旅行会社、警備隊、各団体のガイド、尾瀬を愛するたくさんの関係者も勢ぞろいした一日でもありました!

 

8時半の頃の鳩待峠。

今日は青空の下、早朝から多くの方々が尾瀬ヶ原に向けて出発されました!

いってらっしゃい〜♪

 

一方で木道は、渋滞中!

たくさんの方が入山されているのでこうなりますね〜。

鳩待峠〜山の鼻間も大渋滞でした。
明日は、渋滞がもっと長くなる、、、かも。

上田代の賑わいと至仏山

木道だけではありません!

正午の山の鼻では、女性トイレが渋滞中。

集合などの待ち合わせ時間がある方はトイレ渋滞を気にして下さいね。

 

まだまだ楽しめる安定の見本園

燧ケ岳と水芭蕉

ツバメオモト(鳩待峠〜山ノ鼻)

サンリンソウ(山の鼻周辺、原の川上川橋)

山の鼻にむかう途中、至仏山展望台付近で、ギンリョウソウがひっそりと姿を見せてました。

 

 

(伊澤)

 

 

 

 

 

<<back|<45678910111213>|next>>
pagetop